若い子は気軽に援助交際に走ってしまいます。

援助交際を考える前に

援助交際という言葉、一時期よりもテレビとかで騒がれなくなりましたよね。でも、実際している女の子って、それなりにいるのではないでしょうか?高校生くらいの若い女の子だと、友達に誘われて、大人が考えるよりもずっと気軽に援助交際をしてしまいますよね。

実は、私の高校生の頃にも援助交際は流行っていました。実際にそれでお金を稼いでいた友人も、何人かいました。かくいう私自身も誘われたことがあります。当時高校生だったので、友達もやっているならいいかな?とか、そんなにお金がもらえるの?とか、危うく一歩踏み出してしまいそうでした。

まあ、私の場合は小心者だったので、事件に巻き込まれたニュースとか見て、怖くて出来なかっただけなのですが、実際危ない目にあった子もいます。お金盗まれたとか、薬飲まされたとかも聞いたことありますので、本当によく考えたほうがいいと思いますよね。

援助交際と通信機器の発達

ちょうどルーズソックスが流行っていた時代に女子高生をしていた年代ですけど、援助交際って言葉はまだ現役なんですね。その頃にメディアが言い始めた言葉だと思っていたので、当時流行った他のガングロだのポケベルだのが廃れてしまった今、ずいぶんと長生きしているなあと感じます。ポケベルといえば、まだ文字が送れなくて数字で暗号のようにお互いにメッセージを送りあっていましたよね。

売春してお小遣い稼ぎしている女子高生なんて昔からいたと思いますが、こんな言葉ができてしまうほど社会現象のようになってしまったのは携帯電話やスマホが普及したことが大きかったのかもしれません。便利な機械が発達してみんなが使えるようになるのはいいことですが、援助交際をしたい女の子と男性との間の壁を低くしてしまったことは残念に思います。

申込の際には必ず、最新の正式なデータを各出会い系サイト公式サイトにて確認の上、自己責任にてお申し込みください
Since 2014-17 Copyright(C)出会い系サイトはやめられない  - All rights reserved